冷え性からくる肩こり

冷え性は何らかの原因で血行不良をともない体温が低下している状態。
血行不良はエネルギーの物質交換をスムーズに行えなくなるため、疲労が蓄積し痛みやだるさを訴えます。

・不規則な生活
・運動不足
・筋肉量が少ない
・食生活のかたより
・ストレス
など・・・

エネルギーの循環不良で癒着している筋膜をはがし、全身を整え、生活パターンを見直すアドバイスを行い、体質改善を図ります。

熊本市で肩こりに悩む
あなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

一側性の動きからくる肩こり

仕事や日常的に行う作業の中で一側性の(片寄った)動きに伴い肩こりが生じる場合があります。


・左の肩と耳で電話を挟んで話す
・正面と右のモニターを見てパソコン作業をする
・ノートやはがきにたくさん字を書く

片方に負担がかかりやすい状況での肩こりは、まずどういう動きを行っているかを再現していただきます。その後、反対方向への動きとの比較を見ます。

立位で6方向の動きを確認した後、足腰にも影響が出ていれば、外か内のラインを判断し筋膜の癒着をはがします。
その後、指や腕を調整し肩甲骨周辺の動きを確認して首を仕上げます。

肩への負担が再発しにくいように作業の合間にカラダをリセットする体操をお伝えして実施してもらいます。

熊本市で肩こりに悩む
あなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

頭痛をともなう肩こり

肩こりから派生して頭痛を併発することがあります。たいていの場合、この手の頭痛は当事者が経験済みの痛みで、何度か繰り返したことのある症状となり、施術の対象となります。

いつも違う頭痛の場合は、突然割れるような痛みに襲われたり、吐き気や冷や汗をともなうなど脳内の血管が詰まったり、破れたりしている可能性が高いため、病院での検査が必要になります。

頭痛をともなう肩こりの場合は、首や肩の緊張状態が続くことで血流が鈍っており、脳への循環がスムーズに行えない場合や、首の動きが悪く、頭と首の繋ぎ目が硬いため、血行不良となっています。

首の動きをスムーズにするために調整は足首から見ます。骨盤の動きの連動を調整し、前傾姿勢が多い場合は指、腕を緩めて肩甲骨周りの動きを調整していきます。
最後に首を緩めて脱力時にしなりやすくなるように頸椎の関節ごとに動きをつけます。

熊本市で肩こりに悩む
あなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

首のゆがみからくる肩こり

瞬間的に体に衝撃が走ったり、持続的な圧が首にかかる続けることで首の骨の並びが本来のポジションからずれ、動きにも偏りが出てしまうことがあります。
    
・走っている最中にぶつかる
・スキーやスノボで激しく転倒する
・高いところから落ちる
・追突事故によるむち打ち
・壁や手で頭を支えながらテレビを見たり本を読む

首にゆがみが生じると頭を支えるバランスが崩れ、首はもちろん、肩にも負担がかかります。もっと言うと骨盤や足首にもシワ寄せがいき、不具合が生じます。

首のゆがみを調整するために、背骨と骨盤、股関節からバランスを整え肩甲骨の動きをみて肩周辺の調整、最後に首の骨を本来の位置に寄せて動きをつけ、細かい動きでひっかかりにくい首に戻します。

熊本市で肩こりに悩む
あなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

内臓の不調に伴う肩こり

胃がもたれていたり、腸や肝臓あたりが痛む・・・内臓に不具合をきたすと痛みや違和感をかばってカラダが前傾姿勢になります。
  
前傾姿勢が続くことで、頭の重さを首や肩、背中が支えることになります。
そして痛みをこらえるあまり、肩に緊張が続くことで肩周辺の筋膜に癒着が生じ肩こりとなります。

さらにおなか側を縮め続けると呼吸が浅くなり、呼吸に関連する筋肉の動きが小さくなります。

内臓の不調がひどい場合は病院で診察をお勧めします。

施術の組み立ては、おなか側から癒着を解除し、カラダが伸びやすくなったら胸筋を緩め、肩甲骨周辺の動きも見て菱形筋、肩甲挙筋の癒着を解除します。

肩周辺に動きが出てきたら、最後に首の調整を行います。
 

熊本市で肩こりに悩む
あなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

育児中の肩こり

乳幼児の育児は、目の前の子どもに集中してお世話をするため、自身の姿勢に意識が向かず、気が付けば負担のかかりやすい姿勢をとり続けて疲労がたまる傾向にあります。

抱っこするときの姿勢は、結果的に子供が落ち着きやすいポジションに偏ることもあり、反対側に抱えなおしてもすぐ戻さざるを得ない状況が生まれ、片側により多く負担がかかってしまいます。

授乳の際は座って前傾姿勢が続くことが多いため、頭を支える首や肩への負担、座り方によっては骨盤のゆがみも生じやすくなります。

育児に伴う肩こりには指から腕、肩周辺、鎖骨、骨盤、内もも、首を調整していきます。

育児に伴うカラダ、ココロの負担を整体でも軽減できれば、より良い日常が過ごせると思い、しっかりとサポートさせていただきます。

熊本市で肩こりに悩むあなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

ねこ背からくる肩こり

肩こりの原因のみならず、色々な不調の原因となる「ねこ背」
正しい姿勢をキープできない筋力の弱さや前傾姿勢を続ける作業などで段々と姿勢が崩れ、ねこ背になります。

背筋が丸くなり頭、肩が前傾すると頭を支える首や肩、背中に負担がかかり続けます。(正しい姿勢は耳・肩先・腰椎・大転子が縦にそろいます)
       
  ねこ背         正しい姿勢

ねこ背からくる肩こりには、腹部を緩める調整がポイントです。
腹部を緩めることで骨盤が立ちやすくなり、姿勢を正しやすくなります。
そして、肩が前傾するので肩を内側に引っ張る胸筋、肩甲骨が外に引っ張られるので大小円筋に動きをつけて、肩甲骨と首を繋げる肩甲挙筋も調整します。
最後に首がしなるよう頸椎に細かい調整を施します。

熊本市で肩こりに悩むあなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

噛みしめによる肩こり

考え事をしているとき、緊張しているとき、寝ているときに奥歯を噛みしめてしまう方、噛みしめ・くいしばり・歯ぎしりは歯や歯茎だけでなく首や肩にも負担をかけてしまいます。

噛みしめの原因は、ストレス、緊張、歯並びなど様々ですが、まずは噛みしめに伴うカラダの緊張を開放することが重要です。

噛みしめに関係する頭部の筋膜の癒着を解除するため、側頭筋、顎関節、下顎角、咬筋、オトガイ部、顎二腹筋にアプローチして更に首の調整も行います。

熊本市で肩こりに悩むあなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

荷物の持ち方での肩こり

荷物を持ち歩く際、バッグやカバンの持ち方のクセで肩こりになります。
・ショルダーバッグ
・手提げかばん
・ハンドバッグ
・肩掛けカバン
・リュック

肩にかけて使う場合は、かけた方を引き上げた状態で姿勢をキープしがちですので、かけた方の筋肉がエネルギーを使い続け疲れやすくなります。
この時、カバンの紐を前で握る状態が続けば、肘から先と手首、指にも負担がかかります。


女性に多い、肘を曲げて肘付近で下げる持ち方。
肘を曲げることで二の腕、前腕共に緊張状態が続きます。片側だけで極端に持つ時間が長くなると左右の腕の太さが異なってしまいます。


手提げで持つ状態。
指、手首に緊張が続き、前腕のエネルギーを使い続けます。


斜め掛け。
カラダで支える為、腕への負担はありませんが、片側の肩に重さがかかり続けることで、ひものかかった部分に圧がかかり続け、圧迫部分の緊張が高まります。

手で持つ姿勢も当然肩にダメージが波及します。
どのパターンも負荷がかかり続けることがダメージとなりますので、適度に持ち替えることで疲労を緩和することができます。
手首や肘、胸など曲げて縮めた状態が続くときは、逆に伸ばしてストレッチすることでも疲労を緩和することができます。

荷物の下げ方からくる肩こりには前腕や指の動きを刺激して首が動くかどうかのチェックも行います。
上半身と下半身のバランスも見ますので、太もも→股関節→指→前腕→肩周辺→首といった形で筋膜調整を行っていきます。

熊本市で肩こりに悩むあなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。

緊張型の肩こり

・目の前のことに集中しているとき
・限られた時間の中で段取りを組み立てて効 率よく無難に切り抜けられるよう考えているとき
・映像などを見てドキドキハラハラしているとき
など、人は無意識のうちに力が入ります。そして両肩を少し引き上げた状態を続けることで首から肩先にかけて疲労がたまっていきます。
(疲労=筋膜が癒着し始めた状態)
    
(リラックスした肩)(すこし緊張した肩)

その疲労が抜けないうちにさらに肩周辺を緊張させ、わずかな疲労を少しずつ蓄積させてしまうことで肩周辺の筋膜が頑固に癒着してしまい、痛みや違和感が強くなります。

緊張型の肩こりに対しての筋膜はがしは、背中→肩甲骨周辺→骨盤→首で調整していきます。

熊本市で肩こりに悩むあなたの支えになりたい!
筋膜はがし”を取り入れた整体
「街のかかりつけ整体院」です。