院長 岩切貴之 プロフィール

院長 岩切貴之 プロフィール

1976年、熊本市新町の福田病院で生まれ。
父の仕事の都合で天草市~水俣市~人吉市~熊本市と熊本県内を転々とし、小学6年の時から新町で過ごすようになりました。
兄弟は姉とボクと妹、家族は妻と息子。おとなしめのA型。
小さい頃は近所の友達と公園や河川、田んぼで走り回ったり野球したり、外遊びが好きでしたが、小学校時代からファミコンに熱中。部活は小学校(人吉でミニバスケ、熊本で半年だけ野球)中学高校はバスケ部。この時も部活とゲームに明け暮れておりました

熊本学園大から就職した先は長崎に本社がある「ひぐちグループ」。その中の「遊ing部門」で本やゲームやDVDの販売、営業部で働いていました。

9年ほど働くなかで転機がやって来ます。
過労でカラダを壊す仲間や病気で入院した友人、体調不良の親戚…
「健康」というキーワードが頭の中で次第に大きく膨らんできました。
自分の手でみんなの健康維持サポートがやりたい!

そこから退職して整体の学校(日本福祉整体学院)に通い、交通センター療術院勤務の後、2012年に開業。

独立後、更なるスキルアップに励んでいた頃、鈴木直之先生の筋膜グリップの教材に出会います。学習を進めるなかで今までにない手応えと期待感が膨らみ、福岡で開催されたセミナーで初めて鈴木先生とお会いし、先生のお人柄にますます惚れ込みました。

鈴木先生ご夫妻と

独立して6年になりますが、筋膜グリップを更に突き詰めていこうと心に決め、店舗もリニューアルしてステップアップしようと考えていたところ、鈴木先生より、トレーナーの勉強をしてみないかとの嬉しいお誘いを頂きました。

トレーナーになることで技術の向上とお客さんの満足度アップ、さらに筋膜グリップを学ぼうとされる先生方のお手伝いが出来るようになります。
筋膜グリップを通じてお客さんや先生方の笑顔が広がっていくよう、これからも学び続けて行きます。